カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2017/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/12

B787 in 福島空港 本編

今年度はまったく飛行機と言う物を撮影に出かけられませんでしたがやっと昨日撮影する事が出来ました(^_^;)

思い起こせば3/11この日はフレックスを活用して早々に退勤し常磐線を走るED75を撮影する為、ワクワクしながら仕事をしておりました。それがあの時間で変わってしまいました。
すでに8ケ月を過ぎましたがまだまだ復興にはほど遠い状態ですが被災されたみなさんは、それぞれいろんな形で頑張っているのでしょう。そんな人達へ一時でも嫌な事を忘れさせるべくサービスとしてANAはやってくれましたね。
仙台空港に続いて、福島空港でも子供達へあの最新鋭ボーイング787を臨時便として運行し200名でしたが招待しフライトを実施してくれました。

その記念すべきフライトを撮影させてもらう為、当日朝出発し撮影に出かけて着ました。
(画像をクリックしますと大きなサイズとなります)

計画通り定刻に福島空港に現れまずはターミナルの上空をR/W01→R/W19と通過しライトターンしてR/W01にタッチダウンしました。
1発目をどこで撮影するか迷いましたが、天気予報に反し雲が多かったのでターミナルにある無料の展望デッキよりタキシングを主体に撮影する事にしました。
    20111113_01
今ひとつ紅葉は綺麗ではないですが少しでも季節が分かる様心がけてみました。
この後ターミナル横のフェンスから撮影をして一度愛車に戻り、昼食をとり午後の遊覧飛行を撮影する為、場所の移動です。

福島空港はターミナルの正面に山?があり撮影ポイントとなっているので、愛車の後ろに自転車を搭載して来ました。これを活用し反対側へ移動しました。
思っていた通り結構車が停まっていたので愛車でなく自転車で正解でした。
    20111113_01a
プッシュバック後タキシングシーンを撮影しましたが展望台の人や車が画面上部に入ってしまうのでBlogには後追いですがこちらの画像にしました。紅葉がもっと綺麗だと良かったのですが残念でした。
    20111113_02
R/W01よりテイクオフしいよいよ約1hの復興支援遊覧飛行の開始となりました。
30分位過ぎてから観光バス3台がフェンス内側空港内に到着し人がいっぱい降りてきて、私達がいる方にやって着ました。ハンドマイクで話しているので耳を立てて聞いていると『人文字でハート形を作り、機内の子供達に見せる』との事でした。この為ローパスを実施してからタッチダウンすると言っているので、もしや仙台空港で実施した超ローパスを行うのか!と期待してしまいました。
良い意味で天気予報が外れ、B787が戻ってくる頃には日差しが射す様になりました。
    20111113_03
今回もR/W01側より進入し一度通過してからR/W19より進入して来ました。
    20111113_04
イメージですが丁度私が立っていた高さの正面をローパスした感じで感激しました。こんなに近い所を通過した訳ですがホンと音が静かでした。
    20111113_05
ライトターンし再度R/Wを横切ってからR/W01のアプローチとなりました。
    20111113_06
    20111113_07
途中空域に侵入機が有った様でアプローチのやり直しとなり予定より約20分遅れのタッチダウンとなりました。
    20111113_08
折角福島空港での撮影なので在り来たりですがターミナルの『Fukushima』の文字を入れて撮影。

14:00~16:00過ぎまでカーゴヤード側の一部を開放しているのでまた自転車で愛車まで戻って着ました。
    20111113_09
↑と昨日の画像を撮影してから帰路となりました。
当初午前中が晴れで午後が曇りの予報、また朝はフォグで向かいの山がかすかにしか見えない状態となり心配していましたが、良い意味で天気予報が外れて助かりました。

にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿