カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

尾瀬紀行

昨日速報版をUPしましたが紀行編でまとめます。

栃木県宇都宮市から尾瀬の玄関口となる片品村へは大きく2ルートがあります。
北関東道を利用した南側のルート。金精峠を越える北側のルートです。
今回往路は南側、復路は北側と周回ルートで出かけてきました。

        20170613_ルート


6/10 自宅で仮眠をとり出発したのが6/11 0時頃で、途中給油と朝食の買い物をして『スノーパーク尾瀬戸倉』の駐車場に停めました。戸倉村内の駐車場はゲートがあり表示では『Max 2.3m』となっているので、平面駐車場であるこちらを選択しました。
村内、スキー場、どちらに停めても駐車代は1日 1,000円、シャトルバス代(シャトルタクシー)は片道大人980円となっています。
個人的ですが村内の第1、第2駐車場からシャトルバスに乗られる方が多い感じでした。

登山届けを持参しましたが至仏山や燧ヶ岳へ登らない場合、登山届けは不要と登山口に居られた係りの人や竜宮小屋の人に言われました。尾瀬は殆ど携帯が通じないので、私の用にルート変更し遭難した場合どうやって探すのか?疑問を抱きました。

それでは撮影して来た画像をUPしますね。

   20170613_01.jpg
山の鼻を出発し一面水芭蕉の湿原に至仏山がど~んと居座ってました。

   20170613_02.jpg
1枚目からしばらく進むと川に至仏山が写ってました。

   20170613_03.jpg
至仏山と水芭蕉の定番ポイント、昨日はアクションカムの広角で解りにくかったと思いますが、この様に葉っぱの方が大きく育ち、白い頭巾があまり目だってませんでした。

   20170613_04.jpg
木道と木道の間で黄色が目だっていたのでローアングで寄ってみました。

   20170613_05.jpg
竜宮小屋からアヤメ平へのルートでも水芭蕉の群生となってましたがこちらもピークは過ぎてました。

   20170613_06.jpg
富士見田代はまだ残雪がありました。

   20170613_07.jpg
アヤメ平へ向かう途中、片品村など俯瞰ポイントとなってました。

   20170613_08.jpg
   20170613_09.jpg
至仏山、燧ヶ岳をそれぞれいれての撮影。青空なので水面も青いですが風が強かったのが残念でした。

   20170613_10.jpg
アヤメ平からはこの様に至仏山へ向かって下山する感じでした。

今回初めて『アヤメ平』へ行きましたが、尾瀬ケ原と違い静かで写真撮影には良いところでした。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿