カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2017/04≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/06

宮城蔵王 冬季刈田岳登山

前日2050頃出発し東北自動車道 国見SAに到着したのが2320頃で早速就寝しました。
到着時ナビで『すみかわスノーパーク』を検索し所要時間を見ると約1hでしたので、遅くても5時には出発できる様携帯のアラームをセットしました。
前日から春の陽気のせいもあり積雪があったのはスキー場近くになってからでした。
計画通り6時前には到着し早速朝食を食べ出発の準備を行い、ベース部を出発したのは0715頃でした。
約1hでスキー場トップにあるリフトに到着することができました。
ここから先はスキー場外ですので、前日メールで宮城県警へ登山届けを出し家族にはコピーを置いてきました。
体力の消耗を抑える為にメインとなる樹氷原までは冬季閉鎖となっているエコーラインを通ることにしました。
エコーラインに到着し休憩をしているとゲレンデの整備をする雪上車が通過していきました。
スキー場で『ワイルドモンスター号』という暖房付乗用雪上車を利用しての樹氷鑑賞ツアーを実施しているのでその為の道路整備?にでも行ったのでしょうか?
0930頃休憩と撮影をしていたらこの雪上車軍団が通過して行きました。どれも満員の乗車だった様で約100名位のツアーでしょうか?

              

1000頃本日のメインとなる『樹氷原』に到着しました。ここまではつぼ足できましたがいよいよスノーシューを履きバージンスノーのエリアに突入です。スノーシューを履いても約20cm程度は沈みましたが予想より少ない沈み方で助かりました。
約1h樹氷原で写真撮影や4K動画を撮影しエコーラインに戻ってきました。

    P1000029.jpg

いよいよ本日サブの刈田岳登山の開始ですが、積雪があるので好きなルートを登ることが可能ですが今回の場合直登ルートの為途中何回か休憩をしながら登り約30分で刈田岳山頂に到着することができました。

    P1000030.jpg

    P1000032.jpg

                           P1000036.jpg

一通り撮影を済ませ、建物を風よけにして持参した山専ボトルに入れてきたお湯でカップラーメンを作り昼食です。
避難小屋を過ぎた辺りで樹氷原を見るとこのような景色でした。

    P1000040.jpg

この後はひたすら下山なので登りとは違いGPSと赤旗を頼りにショートカットでスキー場まで戻ってきました。
スキー場内はコースの端を通り無事1420頃愛車まで戻ってきました。トータルの時間は約7時間でした。
ここはとても雄大な景色に出会えアプローチもしやすいので私的には大変満足の場所となり、また来たいところです。

    GPS20160212.jpg

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿