カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

雲上の楽園へGO ご来光編

25日は暑くて大変な日でしたね。
暑さ対策でどこかな避難したい暑さでした(^_^;)

もともと所用と山へのお出かけ準備の為に有休を取得した訳ですが、私が見ている天気予報
山の天気』、『ウェザーニュース』、そして今月から『ヤマテン』どれも週末今ひとつの天気予報となってしまいました。
そこで最後の神頼みとしてあの『イッテQ 登山部』も活用している『ヤマテン』が毎日16時頃メールで配信する天気予報で最終判断にすることにしました。

結果長野県と岐阜県にまたがる『乗鞍岳』へ日帰り登山にしました。
しかしこの山、うれしいことに『ご来光バス』なるものが存在します。

今の時期通常登山バスは乗鞍高原観光センター 6時10発 乗鞍畳平 7時着が一番バスとなりますが、
ご来光を見られる様に運行するので乗鞍高原観光センター 3時40発 乗鞍畳平 4時30分着(実際は畳平の手前にある臨時「県境ゲート」にて降車)なので、ご来光を見てから登山開始するにしても時間が早いので少しでも暑さを防げる訳です。
と言うことでこの『ご来光バス』を活用し写真撮影と乗鞍岳への登山をしてきました。

でも先に書いた様に『ヤマテン』からの天気予報を判断してからの出発でしたので20時15分頃出発 → 乗鞍高原 観光センターの駐車場到着は25時10分頃と仮眠レベルとなってしまいました。
でも乗鞍高原途中の道路にある温度表示『18度』でしたので、窓を閉め切った状態でも約1.5h快適に睡眠することができました!(^^)!

乗り物酔いを防ぐ為、軽くパンを食べたり、登山ウェアに着替えたり、トイレを済ませたりと乗車前にすることがあったので、2時40分頃携帯のアラームで起床しました。
予定時刻をバス2台で出発しましたが、どちらもほぼ定員での運行で無事ご来光に間に合いました。
畳平まで行ってしまうと周囲の山で見れないので、岐阜県と長野県の県堺に『ご来光バス』は臨時停車場となっているのでここで下車し『大黒岳 or 富士見岳』のどちらとなります。我が家は息子がいるので『大黒岳』にしましたが大正解でした。
バスを下車後10分程度で頂上に着けたし、スペース有、風よけの休憩所?もありました。ご来光を撮影後、この休憩所にてお湯を沸かしアルファー米にて朝食を食べて大黒岳を下山しました。

前書きが長くなりましたがこの日の画像です。

DSC00649.jpg

三脚をセットしカメラをセッティングしてからの最初の1コマですが、カメラの時計で4時45分となってました。

DSC00653.jpg

違う方角を撮影してからの撮影でしたがこの日は4時46分頃日の出となりました。

DSC00661.jpg

DSC00666.jpg

DSC00668.jpg

安曇野IC付近で空を見たときは星が見えませんでしたが、乗鞍高原観光センターの駐車場では満天の星空でした。
この為朝焼けはダメでしたが、雲海とのコラボを撮影することができました。
乗車運賃は登山バスと同じ2,500円ですが苦労せず標高約2,800mまで来れるのは便利ですね。

撮影情報
カメラ  SONY NEX-6
レンズ SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
マニュアル撮影

                         にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿