カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2017/05≪ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

那須塩原温泉

今日は夕食付き日帰り入浴のチケットを購入して有ったので那須塩原温泉にある かもしか荘 に来てます。

1500から2400まで滞在できるのでしばらくぶりにのんびりしてます。

1520頃到着し今し方入浴からあがってきました。

1700からバイキングの夕食です。

スポンサーサイト

尾瀬紀行 動画編

先週日曜日の『尾瀬ハイク』をUPしてきましたが、今回はSONYのアクションカム FDR-X3000R を持ち込み動画撮影を試みてきました。
田舎弁丸出しですがよろしかったらご視聴ください。

        

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

尾瀬紀行

昨日速報版をUPしましたが紀行編でまとめます。

栃木県宇都宮市から尾瀬の玄関口となる片品村へは大きく2ルートがあります。
北関東道を利用した南側のルート。金精峠を越える北側のルートです。
今回往路は南側、復路は北側と周回ルートで出かけてきました。

        20170613_ルート


6/10 自宅で仮眠をとり出発したのが6/11 0時頃で、途中給油と朝食の買い物をして『スノーパーク尾瀬戸倉』の駐車場に停めました。戸倉村内の駐車場はゲートがあり表示では『Max 2.3m』となっているので、平面駐車場であるこちらを選択しました。
村内、スキー場、どちらに停めても駐車代は1日 1,000円、シャトルバス代(シャトルタクシー)は片道大人980円となっています。
個人的ですが村内の第1、第2駐車場からシャトルバスに乗られる方が多い感じでした。

登山届けを持参しましたが至仏山や燧ヶ岳へ登らない場合、登山届けは不要と登山口に居られた係りの人や竜宮小屋の人に言われました。尾瀬は殆ど携帯が通じないので、私の用にルート変更し遭難した場合どうやって探すのか?疑問を抱きました。

それでは撮影して来た画像をUPしますね。

   20170613_01.jpg
山の鼻を出発し一面水芭蕉の湿原に至仏山がど~んと居座ってました。

   20170613_02.jpg
1枚目からしばらく進むと川に至仏山が写ってました。

   20170613_03.jpg
至仏山と水芭蕉の定番ポイント、昨日はアクションカムの広角で解りにくかったと思いますが、この様に葉っぱの方が大きく育ち、白い頭巾があまり目だってませんでした。

   20170613_04.jpg
木道と木道の間で黄色が目だっていたのでローアングで寄ってみました。

   20170613_05.jpg
竜宮小屋からアヤメ平へのルートでも水芭蕉の群生となってましたがこちらもピークは過ぎてました。

   20170613_06.jpg
富士見田代はまだ残雪がありました。

   20170613_07.jpg
アヤメ平へ向かう途中、片品村など俯瞰ポイントとなってました。

   20170613_08.jpg
   20170613_09.jpg
至仏山、燧ヶ岳をそれぞれいれての撮影。青空なので水面も青いですが風が強かったのが残念でした。

   20170613_10.jpg
アヤメ平からはこの様に至仏山へ向かって下山する感じでした。

今回初めて『アヤメ平』へ行きましたが、尾瀬ケ原と違い静かで写真撮影には良いところでした。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村














【速報】 尾瀬

昨日は日帰りで尾瀬に出かけてきました。当初はテント泊の1泊2日の装備で出かけましたが、水芭蕉もピークを過ぎていたのでルートを変更し日帰りに切り替えました。

   20170611_GPS04.jpg

当初は『竜宮小屋』で休憩後グリーンのルートで『山の鼻』に戻りまったりしテント泊の予定でした。
結局↓このルートで出発した『鳩待峠』に戻りました。

      20170611_GPS01.jpg

今回は自撮りができる様にSONYのアクションカム『FDR-X3000R』で4K動画の撮影をしたので、その際の画像で速報します。

5:32 鳩待峠を出発
    C0006T01.jpg

6:14 平坦になった辺りで『水芭蕉』のお目見え
    C0011T01.jpg

7:18 逆さ燧ヶ岳のポイント
    C0018T01.jpg

7:21 燧ヶ岳と木道
    C0019T01.jpg

7:58 水芭蕉と至仏山の有名な場所
    C0022T01.jpg
    盛りが過ぎて葉が大きくなってました。

朝3:00過ぎに車内で朝食を頂いたので8:30頃に本日2回目の食事をし、この後の計画を検討すると今まで行ったことがない『アヤメ平』を経由しても十分『鳩待峠』に戻れるルートに変更しました。
念の為『竜宮小屋』でルートの情報を教えて頂いての出発です。
9:02に出発し11:49に『富士見田代』に到着しました。途中の登りは大変辛かったです。

11:59 燧ヶ岳と富士見田代 (耳の辺りに燧ヶ岳)
   C0033T01.jpg

12:27 初となる『アヤメ平』に到着
   C0037T01.jpg

ここで本日3回目の食事を兼ねた休憩をし13:00いよいよ『鳩待峠』に向けて出発です。
途中残雪によりルートを大きく見失ってしまいました。トレースの後を進み目印の赤リボンを見落としてしまいました。
GPSで現在地を確認すると↓の様にルートから大きく離れてしまったのでGPSを見ながら外れた地点近くまで戻り、正規のルートに復帰しました。ここで約20分位ロスをしてしまいました。
   
   20170611_GPS03.jpg

15:08 無事『鳩待峠』に戻ってきました。5:32に出発したので約9.5hの行程でした。『アヤメ平』を挟んだ前後の樹林帯にはまだ残雪がありスベリ止めを持参していなかったので必要以上に疲れました。
昨夜は21時過ぎに帰宅しましたが、下山後入浴してから帰路についたので、貴重品だけ愛車からおろし即ダウンでした。
今日は有休を取得しておいたので、片付けなどをしながらまったりしてました。

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
















ピッカ ピカ

昨年11月の車検にあわせ、フロントのブレーキパッドを純正品からカスタムメーカー品に交換した訳ですが、確かにブレーキの効き具合は良くなったと思います。
でも不具合も発生してしまいました。どんな不具合が発生したのか?と言いますと『ホイールがめちゃくちゃ汚れます』
それで市販のホイールクリーナー兼汚れ防止を塗布してみました。
塗布していないよりは、汚れの付着がはじめは少ないですが、通勤に往復約50kmなのでやはり汚れてしまいます。

たまたまチラシにタイヤショップの広告が入りこんなのが掲載されていました。
        20170610.jpg
冬タイヤが3シーズン終わり処分なので先週まで履いていました。夏タイヤへの交換に伴い夏タイヤのホイールに本品を施して頂きました。
丁度1週間履き、本日梅雨前の洗車の際にホイールを洗いましたが、市販のものよりホイールのコーティングが違う様でらくらく汚れが落ちました。
ショツプ曰くメーカーは1年程度持つと言ってますが冬タイヤから夏タイヤに交換する前に施すレベルと言ってました。
11月下旬には冬タイヤへ履き替えるのでそれまで様子を見て、よかったら冬タイヤのホイールにも施してみたいと思います。

とりあえず1週間の使用では満足いくレベルでした。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

さよなら ブライトリングDC-3

本日とうとう本州を離れ日本最後の北海道に移動してしまいましたね。次回また見れる機会があることを期待したいです。

そんな訳で私の最後となった福島空港での2回目をUPします。
2回目のフライトは場所を移動しR/Wを挟んだターミナルの反対側にしました。

    DSC_8445.jpg
1回目は高台からの撮影でしたが、今度はR/Wに近いアングルからのタキシングです。

    DSC_8449.jpg

    DSC_8454.jpg

    DSC_8467.jpg

目の前を追加していくDC-3 デザイン、音ともJETでは味わえない魅力がありますね。
2回目も1回目と同じく、郡山、白河のローカルフライトでした。

    DSC_8495.jpg

    DSC_8497.jpg

    DSC_8509.jpg

着陸はフェンスの近くまで移動しさらにアングルを低くしての撮影です。

    DSC_8520.jpg

最後に【Fukushima】の文字を入れての証拠写真を押さえ The end とし帰路は田舎の墓参りをしてRTBしました。

                                   にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村












本日のブライトリング DC-3

先日の福島空港にて機体は押さえたので日本の風景とのコラボを撮影できないか?と本日出かけてきました。
昨日WEBにて筑波山の西側でホールドしていることが解ったので、それでは筑波山とのコラボを狙ってみました。

現地にiPadを持ち込みWEBでDC-3を追いかけながら待機してました。
仙台空港を離陸し福島上空、郡山上空、白河上空、そして栃木県は真岡上空?を通過し坂東市上空でのホールドでした!
私が入手していた土曜日のルートよりさらに西側でした。

私が居た場所はこの様に正面に筑波山が見えるところでした。
    tomiya_201003.jpg

しかしこれよりも右側(西側)のルートで目視でもそれらしき機影が確認できたのでカメラで覘くとDC-3でした。
でも米粒の様に小さいので撮影は諦めました。
仙台空港へのRTBルートを見ていたら、ほぼ同じルートでしたので撮影を諦め私もRTBとなりました。

今回iPadで見ていたDC-3ですがこんな感じです。
             IMG_0015.jpg

筑波山の南西方向でホールドしておりました。
下から見上げるアングルだと空しか写らないので、少しでも山の上に上がりましたが、筑波山ではやはり距離がありダメだったと思います。
本日はドライブとなってしまい残念でした。


                                 にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

ブライトリング DC-3 福島空港1回目

翌5/27は5:30頃起床しまずは昨日撮影した『福島空港南展望台』へ向かいました。ここは朝6:30にならないとゲートがOPENしない為、既に5台強が並んでました。
本日の午前中の天気が今ひとつなので、雨も考慮し愛車に近い場所から撮影できるこちらにしました。

まずは1回目のフライトですがやはり天候が良くないので、ローカルフライトとなり郡山~白河の周遊でした。

【上がりのタキンシグ編】
    DSC_8317.jpg
    DSC_8328.jpg
    DSC_8323.jpg
    DSC_8337.jpg
ワールドツアーで折角日本に来ているので、少しでも福島空港が解る様に撮影してみました。

【テイクオフ編】
    DSC_8358.jpg
    DSC_8369.jpg
眼下に郡山の町並みを少し入れてみました。

【アプローチ編】
    DSC_8396.jpg
    DSC_8398.jpg
    DSC_8409.jpg

【降りのタキンシグ編】
    DSC_8420.jpg
    DSC_8424.jpg
こんな感じで郡山の町並みをバックに撮影できます。

レシプロ機でJETに比べ遅いので画質優先とし
Nikon D800 フルサイズモード
     AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
での撮影となりました。



                                  にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村
















ブライトリング DC-3 夜景編

先週の金曜日フレックスを活用し福島空港へ向かいました。向かった場所は『福島空港南展望台』です。
この場所はバックに郡山の町明かりを入れて撮影できますが18:30で閉鎖されてしまいます。
到着したのが18:05頃でしたので早々に撮影開始です。

18:10発 福島 → 伊丹とDC-3を入れての撮影からです。
   DSC_8278.jpg

   DSC_8290.jpg
2枚目はR/Wのライティングが解る様にアンダーぎみにしました。

   DSC_8280.jpg
駐機しているところをズームでアップです。

18:20過ぎごろでしょうか?空港の車両が来て、18:30で閉鎖される旨の案内がありましたので早々に片付けしターミナルの駐車場へ移動です。
腹が減っては戦はできずではないですが、まずは車内で夕食を食べてから夜景の撮影です。

DSC_8302.jpg
フェンスのすき間から撮影しましたがフェンスが邪魔なので、持参したハスキー4段三脚の全て伸ばし、私は脚立の上に上がって、フェンスと有刺鉄線?の間から撮影しました。

上記は全てNikon D800のフルサイズで撮影しましたが、
↓ 今度はSONY α6300にてミラーレスの特権を生かしレンズの径が細いのでフェンスの間にレンズを入れての撮影です。

DSC_8306.jpg

DSC01703.jpg

星景用の超広角レンズを持参しDC-3と星空のコラボを計画しておりましたが、雲が厚く諦めました。

                                にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村