カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2017/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/10

栂池 天狗原BC

先日春の彼岸である3/20に有休を取得し3/18~20までの3連休にして長野県小谷村にある栂池高原へBCをしに出かけてきました。
私は先日購入したツアースキーの板にシール、息子はサイズが合わなくなったのでシーズン前に手放したのでレンタルスキーです。
天狗原までの初ヘリスキーも考えましたが、登山マップでのCTを確認するとロープウェイ終点の栂池自然園駅から天狗原までは、夏道で1時間10分となってました。
ヘリスキー代が約14,000円なのでハイクアップすることにしました。

10時に栂池自然園駅を出発し私はシール付きの板、ザックには息子のスキーブーツ片方と食料、息子はスノーシューを履いても片方のスキーブーツとスキー板をザックで背負ってのハイクアップです。

    20170318_02.jpg

こんな感じで冬道の直登です。
    20170318_03.jpg

    20170318_04.jpg

約1時間25分で天狗原の祠がある場所まで登ってきました。ここがヘリスキーのスタート地点となるのでここで昼食と休憩です。
ぞくぞくと白馬乗鞍方面へハイクアップで上がる人達の列が出来ていました。

    20170318_07.jpg
    
    20170318_05.jpg

この日は天気がよく北アルプスが一望でき絶好の天気でした。
    20170318_06.jpg

昼食も済み食後の休憩もしたのでいよいよBCの開始です。
息子はここで登山靴+スノーシューからスキーブーツに履き替えスタート前に白馬乗鞍の稜線を入れての撮影です。

    20170318_01.jpg

12時45分滑走開始です。
途中私のスキー板に固定したアクションカムやミラーレスで動画や写真を撮影しながら下ってきました。
    20170318_08.jpg

約30分かけてハイクアップスタートの栂池自然園駅近くまで降りてきました。
ゲレンデスキーと違い非圧雪ですので意外と疲れました。ここてティータイムを兼ねた休憩をして、デレンデトップへ最スタートです。栂の森ゲレンデから林間コースを約半分下ってきました。
ここでまたティータイムを兼ねた休憩をして最後のラストスパートです。からまつゲレンデを通りゴンドラ山麓駅に戻ってきたのが14時50分頃でした。昼食や休憩を入れて約5時間のBCでした。

               20170318_00.jpg
    20170318_00a.jpg

初BCの息子は非圧雪状態でしたので怖かったと言ってました。でもゲレンデスキーと違い広大なバーンを滑走できるのはBCの特権ですね。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村











スポンサーサイト

富士山登山 2日目

結局ほとんど睡眠がとれなかった訳ですが、当初23時起床の計画でしたが、息子がどのくらいか解りませんが就寝していたので30分遅らせ23時30分起床、0時出発となりました。

10分くらい歩いたでしょうか?団体さんにくっついてしまいました。少し一緒に歩きましたがあまりにもペースが遅かったので、右側を通してもらい追い越しをさせてもらいました。
さらに30分くらい歩いたら団体さんを完全に追い越し自分たちのペースで登っていける状態となりました。
休憩の時、団体さんのペースを見ていたらほんとスローペースで、こんなにゆっくり登るの?と思ってしまうくらいのスピードでした。

我が家もヘッテンのみの明るさなので、ケガをしたら大変なので昼間のペースよりはスローダウンです。
でもこのおかげで休憩時間が少なかったので結果としてGPSのログで確認をすると、太子館 → 山頂までのCT2時間40分に対し2時間33分と我が家にしては珍しくCTでの登頂となりました。
登山中防寒対策として薄手のダウンを着た状態で丁度良かったです。
でも山頂は風が強く、その上にレインウェアを来ました。息子の睡眠不足を考慮し、山頂の山小屋が開いたのでみそ汁1杯 500円を2つ頼み、山小屋で約1時間火鉢の前で暖をとりながら休憩してました。

4時を過ぎると明るくなってきましたのでご来光を見る為に、外にでで場所の確保となりました。

20150727_01.jpg

20150727_02.jpg

20150727_03.jpg

うっすらと太陽が見えてきたのでコンデジでの撮影はここまでとし、スマホのエクスペリア Z3 コンパクトで4K動画の撮影に切り替えました。

20150727_04.jpg

太陽が完全にでてしまったのでコンデジの内蔵ストロボを発光してご来光バックでの記念撮影です。
当初はお鉢めぐりの計画でしたが、息子の睡眠不足を考慮し火口を見ることに切り替えました。

20150727_05.jpg

バックに最高地点の剣ケ峰を入れてお互い記念撮影です。
この後登ってきた時は真っ暗でしたのでここで記念撮影をする為に移動です。

               20150727_06.jpg

雲海が綺麗でしたので下山前に数枚撮影。

20150727_07.jpg

20150727_08.jpg

GPSログより5時22分下山開始となりました。下山道では一切撮影しないで約3時間の8時29分にスバルライン 5合目に戻ってきました。

20150727_09.jpg

前日バスで到着したのが8時40分ごろでしたので丁度24時間で戻ってきました。

              20150727_10.jpg

下りのCTが約3時間ですので、下りもCTと同等の時間で下山できました。
息子はソフトクリーム、私はペットボトルで下山の乾杯でした。

今回私はソフトクーラーバックに凍らせた500mlのスポーツ飲料2本と冷やしたスポーツ飲料2本、太子館で朝食用に頂いた350mlの水2本を担ぎ揚げ、息子は500mlのスポーツ飲料2本を担ぎあげました。500mlのペットボトル、7合目までは400円/本、8合目以上は500円/本でしたので、下山まで購入しないで持ちました。
スバルライン5合目では観光地価格の200円/本となっておりました。

あくまで個人の感想ですが、百名山なので1度は登りますが2度はいらないですね。北アルプスの方が景色がよいので私は好きです。

息子との登山のきっかけとなった息子の一言『 富士山に登りたい 』を約3年で実現しました。今回は他の登山と違い、重量が軽いとは言え、日本一高い山をCT同等で登山できたわけです。
少しは息子が成長してくれるのを祈ってますよ 息子くん !

次回はお盆休みの『 奥穂高 登山 』です。

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村











富士山登山 1日目

7/25 21時近くに吉田口ルートの駐車場となっている『 山梨県立富士北麓駐車場 』に到着しました。
入場の際に駐車代として1,000円徴収されますが、1回の料金なので出庫するまで1,000円とリーズナブルな料金設定となっております。
21時過ぎから6時近くまで就寝しておりました。スライドドアの窓と対照位置にある窓、ルーフベントを最小限で廻し就寝しましたが、標高に助けられたのか?朝まで快適に睡眠をとることが出来ました。

8時のシャトルバスに乗車し8時40分頃、スバルラインの終点である5合目に到着しました。
ここで高度順応の為、約1時間マッタリと過ごしておりました。

20150726_01.jpg

すっきりと山頂?まで見える天気でした。

高度順応も終わったのでインフォメーションセンター内にある警察に登山届けを提出しいざ9時38分に出発です。
ほどなく本来の吉田口からのルートと合流する場所となりました。
途中から山中湖も見ることができました。

20150726_03.jpg

20150726_02.jpg

6合目後半になりいよいよ本格的ルートとなってきました。

                   20150726_04.jpg


息子は結局、登りはストックを使用しないで登っていきました。
7合目で休憩後、改めて登山開始ましたが似たようなルートが続きます。

                   20150726_06.jpg

登りきったら あれ? 本日の宿泊予約をしていた『太子館』に13時17分到着でした。

20150726_07.jpg

予約の際に14時からと伺っておりましたが13時30分ごろ声をかれたら入館OKと言うことで1番のりさせて頂きました。

20150726_08.jpg

20150726_09.jpg

部屋はこの様な蚕部屋でシュラフ3つのスペースが我が家の分となりました。

20150726_10.jpg

20150726_11.jpg

20150726_12.jpg

16時30分すぎに声がかかり夕食となりましたが、食事はHP掲載そのままでおひつもありましたがごはんの量は今まで経験した山小屋でもっとも少ない量でした。
息子は丁度よかった様ですが、大人には満足いかなかったと思います。

23時に起床し山頂を目指す計画なので早々に就寝しましたが、暑いし階段を上がる人の足音、声の大きさで就寝できないので、息子と2人一度外に出てみました。

20150726_13.jpg

丁度夕焼けでしたがコンデジでもこの様に撮影できました。

20150726_14.jpg

その後、富士吉田の夜景も満喫し再度寝床に戻り就寝することにしました。

               20150726_00.jpg

GPSのログで見ると8合目の最初である『太子館』は標高3100mとなっておりますが、国土地理院の地図では『七合三勺』にあるんですね。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



















いよいよ

7月恒例の3連休が本日よりはじまりましたが、火曜日に有休を取得したので『 4連休 』です !(^^)!

そして待ちに待った『 忍耐と体力勝負?の富士山登山 』がよいよい開始です。
今のところ天気予報では山頂でのご来光を拝める予報ですので楽しみです。

初日は早めに5合目に到着し『 高度順応 』を兼ねて30分から1時間程度まったりしている計画です。
宿泊予約をしている『 太子館 』までは約4時間のCTなので、翌日の山頂アタックに向けてのんびり登って行こうと思います。

今まで登った山での最高標高は立山での『大汝山 3,015 m』でしたので宿泊地である太子館は標高3,100 mにあるのでこの時点でいままでの最高地点となります。
翌日といっても深夜0時頃ですが、未知の領域をめざし登山開始となります。

さてさて日本最高峰とはいえ観光登山?的要素があるお山ですので限りなく都市部と同じ携帯サービスエリアなので、休憩を兼ねて画像のLIVE UPをしたいと考えています。

ご来光


                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


太子館 予約しました

来月は3連休がありますね。でも我が家はカレンダーより1週間遅れた7/25~27が3連休となっています。
今年はどこに行こうか迷っておりましたが本日山小屋の予約がとれたのでこの山に決定しました。

もちろん百名山、複数の県にまたがる日本一高い山
そうです富士山に決定しました。

この時期お山は花のシーズンなので毎年迷ってしまいますが、今回は技術より体力勝負?or精神勝負?を狙ってみました。

そこでWEBにて『山小屋の口コミ』より『太子館』に決定しました。

ここを選択した理由ですが
1) 五合目と頂上の約半分で、五合目→太子館 約3h、太子館→頂上 約3h となっている。 
2) シュラフであるがある程度の間隔をとった就寝スペース。(定員550人に対しMAX350人程度)
3) 館内に八合目救護所がある。
4) 夕食はカレーライス以外におかずもあり、ごはんもおかわりOK。
の4点がポイントとなりました。

本日NHKによる3ケ月天気予報が放送されたが、例年より雨が多い予報でした。
あと約1ケ月、まずは体調管理に気をつけましょう!

                             にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村