カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2017/02≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/03

収納 Good

ハイエースベースのバンコンタイプキャンカーに乗換3年目に突入しましたが、最大の懸案点は収納スペースが減ったことです。この為、息子との二人によるお出かけが多いので食器などは二人分にしています。
しかし収納庫に今ひとつ収納されていなかったので以前から何か良いアイディアはないものか?と考えておりました。
その矢先この週末にYouTubeを見ていたら海外旅行に行くのでその準備の動画がありました。そこに映っていたのが俗に言う『トラベルポーチ』でした。早速amazonで価格を調べて見ると想定していた金額より安かったです。
丁度日中『無印良品』に立ち寄った際に同様のバックをみたら30%引きでしたが1個で1,300円くらいしました。

ということでamazonでポチリ、本日配達となりました。
購入したのは ↓ こちら
   20170109_00.jpg
相変わらず空気を配達した様な箱に入ってきました。
   20170109_01.jpg

1) メッシュバツク大 ヨコ36cm×タテ27cm×マチ12cm
   20170109_02.jpg
  こんな感じでガス缶やアルミホイールなどを入れましたがまだまだ余裕があります。

2) メッシュバック中 ヨコ30cm×タテ22cm×マチ12cm
   20170109_03.jpg
  こんな感じで食器などを入れましたがこちらもまだまだ余裕があります。

3) メッシュバツク小 ヨコ20cm×タテ15cm×マチ12cm
  20170109_07.jpg
  まずはタオル類をいれましたが、一緒に予備の下着一回分も入れます。

今まで食器類はスーパーの袋に入れていましたが、このポーチのおかげで整理整頓されました。
  20170109_06.jpg

タオル類も同様にスーパーの袋に入れておりました。
  20170109_08.jpg

この一番小さいメッシュポーチがあと数枚欲しいのですが、安くて単品が見つからないのが残念です。

ランドリーポーチと書かれた物も、同様に大、中、小と各1袋ありますが、キャンカーで必要だったのはメッシュタイプの箱状になる物でしたので、ランドリーポーチはひとまず保存しておきましょう。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
                          






スポンサーサイト

メンテナンス

8/27に実施したOIL交換ですが12/2に実施したのをUP忘れてました。

8/27 走行距離 25,158km
12/2 走行距離 31,276km
差し引き 6,118kmでした。秋口に2回青森県三沢市にある三沢基地まで日英合同演習を撮影にでかけたので、ついつい5,000kmを超えてしまいました。

今回はOILエレメントも一緒に交換したので約6LほどOILを使いました。

これから雪山シーズンなので今回も交換がはやいかなぁ?

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

初車検

2年前に納車された愛車の初車検を11/13に入庫し昨日引き取ってきました。

車検ということで今回は2点のパーツを持ち込み一緒に取り付けを行って頂きました。

パーツ1  DIXCEL X-type ブレーキパッド X311502 フロント用
            ディクセル X311502

パーツ2 スウェッジライン ステンレスブレーキホース SW4067 フロント/リア用
              スウェッジライン ブレーキホース SW4067

の2点です。重量のあるハイエースなので純正では特にブレーキホースがゴム製なのでブレーキをかけると膨らんで圧が逃げてしまいます。この為ステンレスタイプに交換しました。
ブレーキパットも車検の時に取り外すので取り付ける時に持ち込み品で取り付けてもらえるので工賃が無料で出来ます。

との理由で車検と一緒にデイーラーにて実施しました。

肝心の車検費用は1回目ということで130,000円でした。これを高いと見るか?安いと見るか?は人それぞれですね。

           20161118_01.jpg

来週は茨城県小美玉市にある空自百里基地祭があるので高速道でのブレーキ確認もできるので楽しみです。


                                   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



    

こんなのは如何?

やっと夏の暑さが終わり涼しくなってきましたね。そろそろお鍋など温かい食べ物が欲しくなってくる時期なのでBlogであるものを見つけ購入しました。
愛車のコンロはイワタニのカセットジュニアという普通サイズのカセットよりコンパクトサイズのものです。一応このコンロ専用で『マルチプレート』という商品です。

   DSC_0532 (1)

この商品はちょっと変わった機能が付いております。
画像は裏側を写したものですがコンロ側に角の様な突起がついています。

   DSC_0534 (1)

コンロの上に置くとこの様に角の部分がゴトクの部分にはまるのでなべが借り固定された状態になります。
家でカセットコンロを使用していてもしなべが倒れても対処可能ですが、車内の場合だと汚れてしまった物をすぐ洗濯したり出来ませんし、匂いもこもってしまい就寝の際につらいですよね。

   DSC_0535 (1)

ということで得意のAmazonにてポチットしました。鍋物、すき焼き、焼肉にも使用できる『マルチプレート』となっております。
直径が約20cmなので1~2人用のサイズです。

   DSC_0533 (1)

一緒にワコートレーディング社の20cm用強化ガラスのフタも購入しました。

   DSC_0536 (1)
   DSC_0538 (1)

丁度ピッタリサイズなのがうれしいです。

これから紅葉シーズンなので車中泊の際に活用したいですね。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村






RECARO LX-VS SK100 インプレ

土曜日に取り付けたRECARO LX-VS SK100ですが、週末雨の為にお出かけが出来なかったので本日の通勤が初となってしまいました。
会社まで片道約26kmなので往復約52kmを国道走行がメインとなっております。

【インプレ】
取り付け完了の際に座ってみましたが実際に走行時ではやはり違っておりました。
比較対象は納車から約1年10ケ月使用していた純正シートです。

1) シートが硬い
  板の間ではないのでもちろんクッション性はあるのですが、純正シートの方が『柔らかすぎ』と
  表現するのが正しいと思います。
  純正シートの場合、カーブなどで柔いためにクッションが潰れ初期姿勢より傾きますがRECARO
  の場合、硬いのでその様な現象がなく身体をキープしてくれるのでシートに固定されている
  感じです。この為スピードがででも身体がホールドされているので運転がしやすいです。
2) 太ももの圧迫感
  これは取り付け後の時もそうですが、太ももにあたる部分のクッションが厚いのか?お尻
  の部分が深いのか?定かではありませんが私の場合、膝の後ろ側あたりから太もも
  にかけての圧迫感がUPしました。でも痛いわけでないので慣れの問題でしょう。
3) 左右のホールド
  両肩のサイド部分に形状があるので、硬さとあいまってうまく身体の傾きを押さえホールド
  してくれます。

以上3点が特に気がついた点ですが、流石1シート 10万円以上するだけあって良いですね。腰の部分も身体にマッチングしてくれているので長距離運転が楽しみです。

次回は【高速道】活用での移動をした際にUPします。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

RECARO 取付け

趣味の登山、写真撮影と長距離移動が多いので前々から注目していたRECAROの『 LX-VS SK100 BK/BL 』を以前購入いたしました。
本品既に生産中止となったモデルで在庫処分も兼ねて通常よりは安く購入することが出来ました。
運転者が少しでも快適に移動できる様にと『 運転席のみ交換 』となりました。

純正シートはM14のボルト 4本で固定されているので、最初にこのボルトを外します。
次にドア側を浮かせシートベルト警告灯のハーネスを外します。
すると簡単に純正シートを車体から取り外せました。

次に純正シートよりシートベルトの固定部と一緒にハーネスを取り外し、RECAROシートに固定します。
この際、シートをスライドさせた際に邪魔にならない部分に、タイラップにてハーネスを固定します。
あとは純正シートを取り外した際の逆手順にてRECAROシートを固定すれば完了です。

私の場合購入店にてスーパーロータイプのシートレールにて購入しましたが、この為にハーネスのコネクタ部が通らず、一度シートレールのボルトを緩めシートとレールのにハーネスを通すのにまずは時間がかかってしまいました。

次はシートを固定するボルトの穴がうまくボディ側とあわず、手でボルトを締めるのに時間がかかってしまいました。

息子に協力をしてもらい約2時間で取り付けることができました。
                     DSC_0548.jpg

さっそく運転席に座ってみましたが腰のサポートが良い感じで腰にあたりますね。運転するのが楽しみです。
だだシートサイドの凸部が純正より高いので、みなさんが言われている様に純正よりは乗り降りがしにくくなってしまいましたね。

    DSC_0550.jpg

今の予定では明日移動で石川県小松市まで出かけるのでこの移動で、純正シートとの比較が楽しみです。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



 

早いメンテ

4/29にOIL及びエレメント交換をした訳ですが昨日8/27にOIL交換をしました。
単純計算で5,000kmを4ケ月で走行してしまいました。
現在通勤距離が片道約25kmなので往復約50kmとなってしまう為、意外と通勤で距離を伸ばしております(-_-;)

4/30に『木曽駒ケ岳』登山に出かけてからは約4ケ月間登山もしていません。7月下旬の『富士スバルライン』へのヒルクライムの為に山梨県河口湖へ行った位で、その他はほとんど長距離は走っていないのでやはり通勤で距離を稼いでしまってますね。

前回交換時の走行距離 19,909 km
今回交換時の走行距離 25,158 km

でしたので5,249kmでの交換となりました。

来月はいろいろと予定があるので、次回交換は今回より早くなりそうな気配です。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



危うくオーバー

昨年の11/29にエンジンオイルの交換をした愛車ですが、ふと前回の走行距離から計算すると約9,000km走行したことになっていたので4/28にWEBで予約をしてGW初日となる4/29シップの開店にあわせてオイルエレメントの両方を交換してきました。

がよくよく計算したら5,524kmでの交換となっており私の計算間違いでした (^_^;)

前回交換時の走行距離 14,385 km
今回交換時の走行距離 19,909 km

納車後1年経過したので3,000km交換から5,000km交換に変更したのを忘れておりました。

早速夕方出発し、長野県駒ヶ根市まで登山の為に出かけてきました。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

キャリア決定

先日MTBを積載するためにサイクルキャリアについて書きましたが決定しました。

結局『TERZO EC16BK3』という3台積みリアサイクルキャリアにしました。
    DSC_0386.jpg

これにオプションの『TP3035』という金属フックの代わりになる物も2セット購入しました。
    DSC_0388.jpg

本日息子君に協力してもらい仮積載を実施しました。
当初MTBは2台しか積載しないので2台積み様を検討しましたが、上側のBODYを支えるステーが1本(合計3本)でしたが、3台積みの場合上下2本(合計4本)となる。
またAmazonでの販売価格に大きな差がなかったので3台積みの『EC16BK3』にしました。
↓ 仮積載なのでバンドは束ねておりません。
    DSCN1088A.jpg

この状態で息子君のMTBを積載してみました。
    DSCN1090A.jpg

真後ろから確認するとギリギリBODY幅より小さいです。実際ドアミラーの分左右が凸となるので愛車の幅に対し、MTBがでることは無い様です。

注意点は
1) BODYとバンドの接触部に何を挟むか?
2) 全長がさらに長くなったのでカーブなど要注意ですね。

これで愛車にMTBを2台積載可能となったので、今年のGWはどちらに出かけるか!

最後に本品にしたのは、年に何回使用するか?が一番のポイントでした。ヒッチタイプも考えましたが費用の方が莫大すぎるという判断となり本品にしました。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村






    

要注意 自動車のキャリア取付け

キャブコンの時はリアの背面にFIAMMAのサイクルキャリアを固定していたので問題なかったが、バンコンになったら取付けに制限があり困っております。
どんなことかと言いますと
1) 販売店に確認をするとリアのテールゲートに固定する為、長年使用しているとテールゲートのヒンジが変形してくるとのこと。
   理由はサイクルキャリアの自重+自転車の自重+走行時の重心変化(キャリア+自転車がついている為)とのこと。
2) また今月4/1よりナンバープレートの表示義務が明確化され取り締まりが厳しくなる可能性があること。

キャブコンでも使用していたので現愛車購入に伴い販売店に相談し1)の件があり現状未搭載となっております。しかし折角MTBを所有しておりますが、私のMTBは室内でほこりをかぶっている状態となってます。
以前は『富士見パノラマ』や『HAKUBA47』でDHを楽しみましたが、現愛車になってからは未稼動です。

そんな訳で愛車へのダメージを最小必要現にする為にこんな物を検討しています。
商品は TERZO EC16 シリーズ

    サイクルキャリア

で問題なのは上記2)の今月より実施された『ナンバープレートの表示義務化』です。 ← JAFに記載があったのでリンクしました。

この件地元の警察署に電話で確認をすると基本以前よく販売されていた『ナンバープレートカバー』、『ナンバープレートを外しダッシュボードに配置』、バイクに多い『ナンバープレートの折り曲げ』が主な該当であるが、『自転車などによる一時的隠れについての可否は答えられない』とグレーゾーンの回答。

ついでに販売元のPIAAにも問い合わせると『以前から同様な話しはありグレーゾーン』で、また今月から執行された件については『法に触れるのか触れないのか?は結論が出ていない』との回答でした。

現状の結論としては警察、メーカーとも得意の『自己判断』となってしまいました。

いかにも悪質的に搭載だとNG、一般的搭載ならOK どちらも言えない結果ですのでみなさんもご注意の上、サイクルキャリアヒッチキャリアなどご使用くださいね。

                                 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村