FC2ブログ

カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2019/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2019/11

蝶が岳/常念岳 1日目

プロローグからだいぶ時間が経ってしまいましたが本編をスタートしますね。

まずはルートなど
          20190503.jpg

0537 駐車場を出発しまずは三股登山口で登山届のコピーを提出しての0559本出発です。
   DSC01900_20190908173325e7d.jpg

0621 唯一の川を渡っていよいよ登山開始です。
                    DSC01901.jpg

0646 ありましたよくレポで紹介されている『 ゴジラみたいな木 』
    以前は人形の目?が入ってましたが石に代わってました。でも本当にそっくりです。
   DSC01902.jpg

途中から残雪帯となったのでアイゼンを付けての登山開始です。
0917 有名な?トラバース地点にやってきました。前方から下山者がおられたので、休憩を兼ねて先に通過してもらい慎重に通過しました。滑ったら谷へダイブです。
   DSC01906.jpg

この後急登を何回か休憩を繰り返しやっと展望が開けました。
1156 やっと稜線にでました。
   DSC01908_20190908175626416.jpg

ここで少し長めの休憩をしてラストスパートとなりましたが、雪が腐っていて登りにくい状態でした。
1230 無事テント場に到着となりました。まだ余裕があったのでザックをテント設営場所にデポし、まずは景色を満喫することにしました。
   DSC01909.jpg
   DSC01910.jpg
目の前には穂高連峰が雄大に見ることができますね。
   DSC01912.jpg
記念撮影も済んだのでさっさと戻りテント設営を済ませましょう。

風が強かったので少し設営に手こずりましたが無事設営し夕方までのんびり過ごしてました。

1746~1843までの約1時間 SONYのRX100M5にてタイムラプス撮影をしてました。
同時にミラーレス一眼でも夕景を撮影しながらひと時の時間を満喫していました。
   7R301708.jpg
   7R301714.jpg
   7R301729.jpg

陽が沈んだだので今度は夕食の時間です。
残雪があり寒いと思ったので本日のメニューは野菜とソーセージの鍋もどき、ごはんはビーフジャーキーと一緒に炊飯となりました。
   DSC01918.jpg
   DSC01923.jpg
夕食を食べたら星景撮影の為に深夜起床するので早々に就寝となりました。

天の川のタイムラプス撮影をする為に時過ぎに起床しα7M3をテント前にセッティングし0042~0211まで撮影をしてました。
   A7300267_20190908195048a20.jpg

天気もよく、景色も最高な1日でした。

        


                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
















   


   







スポンサーサイト



蝶が岳/常念岳 登山プロローグ

私の場合、今年のGWは4/27~5/5までとなっておりました。当初から登山を計画しており登山口に愛車を停めたいので4/26に有休を取得する計画でおりました。
ところが天気予報を見ると季節外れの寒波により天気が今一つ。GW後半を期待して5/6に有休を取得しGW突入となりました。
いろいろな所の天気予報を見ると5/2~5までは天気が良い予報となるが、5/3の午前中まで稜線では風が強い予報となったので5/2午後移動し1830頃 蝶が岳登山口となる三股に到着しました。
DSC01900.jpg
一番奥の駐車場に止められましたが約半分は駐車スペースが空いておりました。

三股登山口→蝶が岳常念岳一ノ沢タクシー移動→三股と周回してきました。

DSC02153.jpg

今回の行程時間
三股蝶が岳テント場 CT 05:05 に対し 06:00
テント場→常念岳テント場 CT 05:50 に対し 09:00
テント場→一ノ沢 CT 03:20 に対し 04:10

今回結構な重量となったので本日重量を確認すると、なんと22kgと過去最高となってしまいました。
常念岳までのアップダウン、常念岳前後の岩場は大変辛かったです。
夏場に向けて身体を鍛えないとなりませんね。重量もありますが暑さに負けてしまいますね。

                                にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

白馬岳登山 3日目(最終日)

8/19 いよいよ最終日です。
この日も2時過ぎに起床しパッキングも済ませ、撮影機材と貴重品以外はテント場にデポし昨日下見をしておいた『丸山』から少し下った場所に移動し日の出を待ちます。

   A7300350.jpg
   A7300364.jpg
   A7300365.jpg
   A7300367.jpg
   A7300382.jpg
日の出方向に程よい雲があり期待通りに焼けてくれました。

   A7300391.jpg
日の出を撮影後後ろ側となる剱岳や白山方面はこんな感じとなってました。

撮影を終了しテント場に戻って来ました。いよいよ下山開始です。
当初の計画では6時出発でしたが、約20分早い5時40分頃下山開始となりました。大雪渓の入口までは秋道を下っていきます。
石がゴロゴロなので膝を傷めない様にストックを活用してます。
   DSC00711_2018082919584827f.jpg
この辺りで欧米人のカップル(トレールランナー?)にあっさり抜かされてしまいましたがマイペースで進みましょう。
   DSC00712_20180829195849edc.jpg
秋口のスタートとなる大雪渓の取り付き点に到着しましたが意外と急斜面で雪面との境目付近で軽アイゼンを装着しいよいよ大雪渓を移動開始です。
   DSC00713.jpg
白馬尻方面を見ると日曜日の為かやはり登山者は少ないですね。
   DSC00715.jpg
少し下ったところから上を振り返るとよく写真でみる光景でした。落石に注意し後方を確認しながら下って行きます。しかし軽アイゼンの4本爪なので雪面にアイゼンをかませる角度が大変で、苦労しながら白馬尻小屋に到着です。
大雪渓の下山で疲れたのでここで約20分休憩しましたが、貯金を使い果たしてしまいました。
計画ではバスの発車時刻に対し約25分余裕があるのでマイペースで進みましょう。
   DSC00716_20180829195854dd8.jpg
このショットを撮影しラストスパートです。
   DSC00717.jpg
予定の9時50分ごろ無事猿倉に到着となりました。売店の張り紙で『ガリガリ君ソーダ 100円』が目に留まりました。
ザックを下ろし早速購入して先ずは一息を突きましょう。身体が水分を要求しているのでソフトクリーム系よりカキ氷系の方が美味しく感じます。バス待ちをゆっくり過ごし定刻の10時15分発にて八方BTに戻って来ました。
荷物を愛車に積み込み八方温泉に行き、先ずはさっぱりしてから昼食を頂くことにしました。
ところがお盆期間営業していた為でしょうか?この日は休みのお店が多く、開いている所は順番待ちでした。
それではと思い五龍に近いお店に電話をすると営業中ということでそちらに向かいました。

   P_20180819_123804.jpg
向かった先は『お食事処 大黒』です。
   P_20180819_121831.jpg
ここは意外と有名な『ソースかつ丼』のお店で880円でした。お店は如何にも町の食堂で懐かしい店内でしたがコスパは良く味も満足でした。
入浴、昼食と済んだのでいよいよ白馬とお別れし帰路につきましょう、長野ICから前橋南ICまで高速移動し『コストコ前橋倉庫店』にて買い物をしてから帰宅となりました。
今回の買い物した中で初となる『抹茶&クランベリーロールケーキ』なる物を夕食後に頂きました。
   P_20180819_184501.jpg
   P_20180819_184632.jpg
コストコなので上の白いクリームが甘いものと思ってましたが、想像に反し甘さ控えめで抹茶の味も濃くとても美味しかったです。
お値段も1000円そこそこなので個人的には気に入りました。

初日のみ今一つの天気でしたが2日間は天気も良く3月の残雪期 谷川岳以来の登山となりましたが、計画通りに進められ楽しめました。

   20180819.jpg
本日のルート

                                 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


















白馬岳登山 2日目

8/18
いよいよ稜線歩きが楽しめる2日目です。
この日は2時過ぎに起床し食事、荷物の整理、ヘッドライトを点けてのテント撤収を完了し4時過ぎに白馬大池を出発しました。
日の出が5時10分頃なので撮影場所は『船越の頭』を目指しハイピッチで移動ですが撮影準備もあるので、結局100m位手前の開けた場所で撮影を開始することにしました。
   A7300272.jpg
日の出方向となる長野県側

   A7300277.jpg
   A7300284.jpg
新潟県側

昨夜のうちに風に飛ばされてしまったのか殆ど雲海もなく朝焼けも控えめでした。

   DSC00263.jpg
   DSC00265.jpg
朝の撮影が完了したので『船越の頭』に移動し証拠写真の撮影とテントを張った白馬大池方面を撮影し、いよいよ稜線歩きの開始です。

   DSC00266.jpg
今回のピークとなる『白馬岳』はここからは見えませんがこんな感じで稜線歩きが楽しめます。

   DSC00270.jpg
昨夜は8月としては冷え込みが強く登山道のあちらこちらに霜柱が立っている中を移動し『小蓮華山』に到着です。
   DSC00271.jpg
進行方向右手奥には日本海が見えます。
   DSC00274.jpg
本日の行程は『白馬大池→白馬岳』なので残り約半分の行程です。
   DSC00277.jpg
進行方向左手奥には富士山もはっきりと見えています。
   DSC00279.jpg
本日の工程で残り約1/3となる『三国境』まで移動してきました。今年のお盆休みは今一つ天気が良くなかったので、今日、明日は天気が良い為白馬岳テント場の混雑が予想されます。
ハイピッチにならない程度で稜線歩きを楽しみながら順調に進んでおります。以前息子と出かけて『立山』以来の出会いがありました。
   DSC00285.jpg
白馬岳方面から来られた登山者が『雷鳥』がいるよ!とのこと。子供は一羽しか確認できませんでしたが、4~5羽いたそうです。これまでの人生で3度目となる遭遇でした。前回の立山も意外と天気が良い日でしたのでラッキーでした。
   DSC00290.jpg
   DSC00294.jpg
いよいよ『白馬岳』のピークが見えてきました。最後の登りを頑張りましょう!

   DSC00297.jpg
8時20分頃に山頂到着です。白馬大池のテント場 4時10分頃出発 → 船越の頭付近 4時45分頃到着 → 船越の頭 5時25分頃出発でしたので、写真撮影も含め約4時間10分で移動できました。証拠写真を撮影し早々にテント場へ移動です。
8時55分 『白馬岳』でのテント場となる『白馬岳頂上宿舎』のテント場に到着しました。流石にこの時間でしたので、張られていたテントの数は3張りでしたので選び放題です。
   DSC00299.jpg
   DSC00300.jpg

テント設営し昼食も含め約2時間30分まったりして過ごしました。まだまだ午前中なので日の入りと日の出の撮影ポイントの下見を兼ねて杓子岳方面へ散策です。
   DSC00301.jpg
   DSC00302.jpg

11時25分頃出発し約20分ほど行った所で戻ってきました。100名山のバッチを集めてますが、先ほどはテント場優先でしたので、再度『白馬山荘』まで登り返しです。
日本最大にして最初の山岳宿舎なので楽しみにしておりました。山頂レストラン『スカイプラザ白馬』に入りまずはお目当ての『白馬岳ピンバッチ』をゲット。ココ限定で『白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)』が繋がる物が販売されております。もちろんこのピンバッチの白馬岳のみを購入しました。
山荘を散策していると『かき氷 800円』の看板があり、他の登山者が購入されたのを見ると個人的にコスパが良かったので私も頂きました。
   DSC00308.jpg
器の直径は20cm弱、高さも20cm弱、中にフルーツポンチが入っており外側は練乳がかかっておりました。一人で食べたらすっかり身体がヒートダウンしテント場に戻る際は軽やかでした。
日の入りの時刻が18時40分頃なので、17時に夕食を頂きました。本日はハヤシライスとメスティンの清掃を兼ねた味噌汁です。
   DSC00309.jpg
テント場から徒歩10分にある『丸山』にて富山湾(日本海?)に沈む夕日の撮影です。

   A7300320.jpg
   A7300330.jpg
   A7300335.jpg
運よくこの日は雲があり画像の様に雲も焼けて綺麗な夕焼けとなりました。
   A7300342.jpg
手前に剱岳を筆頭とする立山連峰、その奥には白山まで見ることができました。

翌日も朝早いのでこの日は夜間撮影はせず、身体を休ませることにしました。
いよいよ次回は最終日です。

          20180818.jpg
本日のルート

                                 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村










   

















白馬岳登山 1日目

8/16
午後移動の計画でおりましたが今一つ天気が読めなかったので『ヤマテン』からのメールにて天気を確認し出発することにしました。この為高速に乗ったのは19:45頃でした。この日は平日なのでETC深夜割引を活用する為にPAで就寝となりました。

8/17
1日目は『栂池』より入山し『白馬大池』にてテント泊のスケジュールです。
上信越道 長野ICから白馬まではおよそ1時間なので余裕を見て5時前に高速を降りてオリンピック道路を活用し白馬八方の無料駐車場に愛車を停めました。

   DSC00031.jpg
白馬八方BT 7:15発 栂池高原 7:35着のバスに乗車し栂池高原へ移動です。

   DSC00034.jpg
ここからは冬季によくお世話になっている栂池高原スキー場の『栂池ゴンドラリフト』、『栂池ロープウェイ』を活用し栂池自然園駅まで楽々移動です。

   DSC00036.jpg
計画では自然園駅を9:00出発でしたが8:40過ぎの出発となりました。バスを下車した時点で小雨が降っていたので、早々にザックカバー、レインウェアを着ての登山開始です。白馬大池までは約4時間30分なのでのんびり移動開始です。

   DSC00039.jpg
   DSC00041.jpg
途中日差しがあったり、小雨が降ったりなどを繰り返しながら『天狗原』のベンチに到着したのは10:00過ぎでした。(トータルCT 約1時間25分)ガスガス状態で真っ白になったり、画像の様に少しガスが切れたりと当初の天気予報より遅い回復の様です。ここで少し休憩し再出発です。

   DSC00042.jpg
10:40頃に撮影した画像ですが、石がゴロゴロしている場所ですが先ほどまでいた天狗原の全容が確認できるほどガスがとれました。

   DSC00044.jpg
   DSC00046.jpg
11:30頃『白馬乗鞍岳』に到着です。(トータルCT 約2時間50分)風が強く小雨が降っていたので証拠写真を撮影し早々に移動開始です。

   DSC00047.jpg
   DSC00048.jpg
   DSC00049.jpg
白馬大池が見える辺りまで来るとチングルマが多く見られ、水滴が付着してみずみずしかったです。

   DSC00050.jpg
   DSC00054.jpg
12:10頃本日の宿泊地となる『白馬大池』に到着です。(トータルCT 約3時間30分)

   DSC00057.jpg
天の川を撮影したいので、GPSウォッチで方位を確認しテント前から撮影できる場所にテントを設営しました。

   DSC00058.jpg
テント泊の手続きも済ませ、本日の昼食はスパゲティです。時折画像の様にガスが切れ晴れ間が見えるのですが中々天気が回復しません。昼食後まったりし夕食前に20分位、白馬岳方面へ登ってみました。
目的はdocomo回線が通じればLINEにて家族に到着の報告でしたがアンテナが立ちませんでした。夜小屋のスタッフに確認すると『船越の頭』辺りまで登ればアンテナが立つとのことでした。

   DSC00067.jpg
途中この様に日差しが射したのでテント場全景を撮影しました。

   DSC00078.jpg
本日の夕食は無洗米と混ぜご飯の素、おかずはいわしの缶詰で最後にメスティンの掃除を兼ねて、お湯を沸かしインスタント味噌汁となりました。
陽が落ちても中々ガスがとれないので早々に就寝をし22:00過ぎに起床してみると満点の星空となってました。
早速持参したSONY α7M3+SEL1018をセッティングし天の川を撮影開始です。

   A7300267.jpg
数枚撮影後、今度はRX100M5をセッティングしタイムラプス撮影を開始し再度就寝です。

こんな感じで1日目は終了となりました。
翌日は『船越の頭』ので登り、日の出を撮影するので2:00過ぎに起床です。

   20180817.jpg
本日のルート


                                 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村









   


   








白馬岳登山より帰宅

8/16 夜移動
8/17 栂池より入山し白馬大池にてテント泊
8/18 白馬岳にてテント泊
8/19 猿倉に下山

入浴を先にしてから昼食を頂き、コストコ前橋倉庫店で買い物をして帰宅となりました。
白馬大雪渓での下りが体力的に辛かったです。
昨夜は21時過ぎには就寝となりましたが、今朝はいつもの6時前に起床してしまいました。
お盆休みにプラスして本日は有休を1日取得していたので、登山道具の片づけやテント干しなど
をしておりましたが太ももが筋肉痛で辛いです。

   DSC00298.jpg

詳細は別途UPしますが一先ず下山報告。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

乗鞍高原スノーシュ-

少し前のお話となってしまいましたが動画の編集が終わりUPしたのでよろしかったらご覧ください。

        

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

紅葉の涸沢

2/6に有休を取得して航空自衛隊百里基地に行き撮影をしておりましたが、午後から体調がおかしい?感じがしました。
しかし折角来ているので何とか撮影を終え帰宅につきましたが、時間があるので本来ならば一般道での移動ですが体調が悪いので高速を活用して戻ってきました。
Naviとスマホはブルートゥースで接続しているので、妻に連絡をとり病院に予約を入れてもらいました。16時過ぎに妻から連絡があり現在順番待ちが50人くらいで、予約希望の17時30分は過ぎるとのことでした。
結局順番となったのは18時過ぎ、薬も購入して完了したのは予約後3時間でした。
診察結果は息子からの風邪が移った様でインフルエンザでは無かったのは良かったのですが、1年半ぶりの風邪となり翌日は3時間だけ仕事をして早退し次の日は休みをとる状態となってしまいました。
そんな訳で先週は火曜日~金曜日まで3連休状態となってしまいました。

ということでコブラの画像をと思いましたが、ちょっと気分を変えて秋に出かけてきた『涸沢カール』の紅葉動画をUPしましたのでよかったらご覧ください。

        

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

乗鞍高原スノーシュー

撮影機材を家に忘れて来てしまったので予定を1日繰り上げ乗鞍高原でのスノーシューを楽しみ、『湯けむり館』で入浴して、高速を燃費重視の80km走行で帰宅となりました。

今回のスノーシューのコースは、『第3駐車場』→『善五郎の滝』→『牛留池』→『一ノ瀬自然園』→『善五郎の滝』→『第3駐車場』で廻ってきました。
   20180114_12blog.jpg

『善五郎の滝』を見下ろせる展望台より『乗鞍岳』を入れてのショットです。
                         20180114_01blog.jpg

本日メインとなる『善五郎の滝』
   20180114_06blog.jpg

   20180114_03blog.jpg

『牛留池』と『乗鞍岳』のショット
事前に池の上を歩くことが可能と情報があったのとトレースがあったので私も池の上を歩き対岸へと渡りました。
   20180114_07blog.jpg

『一の瀬園地』を見下ろせる東屋があったのでそこでカップヌードルでの昼食をとり降りてきました。
   20180114_08blog.jpg

帰路のルートで『乗鞍岳』がよく見えたので手間の木が邪魔ですが記念ショット
   20180114_10blog.jpg

朝5時代にパンによる朝食、お昼はカップヌードルでしたので梓川SAで17時をまわったところですが早めの夕食として『山賊焼き定食』を頂きました。
   20180114_11blog.jpg
ここから約4時間かけて無事帰宅となりましたが、14日、15日と良い天気だったのに撮影機材を忘れるという大失態をしてしまい残念でした。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







さすが紅葉の涸沢カール

紅葉涸沢カールは日本一といわれる位、紅葉がきれいな場所という認識がありましたが今まで一度も行ったことがありませんでした。
今年の夏は夏らしくなかったので紅葉は今ひとつのシーズンかなぁ?と思ってました。それでも他のところに比べたら涸沢は良いのではと思い初めて出かけることにしました。
当初の予定は9/27 新宿発→上高地への『さわやか信州号』のバスで9/28 上山、9/30 下山の計画でした。しかし9/28は天気予報が良くないのでバスはキャンセルし9/28 愛車で移動し9/29 上山、10/1下山と金曜日、月曜日を有休取得し4連休としました。

【9/29】
沢渡バスターミナルの始発バスは0540なので30分前に行きましたが、さすが紅葉シーズン既にキップ購入の列が出来てました。結局始発から3番目のバスに乗車し上高地バスターミナルを出発したのは0650頃、横尾まではCT同等の約3時間20分で到着することができました。ここで15分位休憩し1030頃再出発です。本谷橋まで約50分、ここで約20分休憩し涸沢ヒュッテに到着したのは1350でした。CT6時間に対し、総重量約18kgでプラス1時間で到着できたのはよかったです。
でもさすが涸沢、既にテント場はいっぱいのテントが張られておりました。とりあえず下記の場所にテントを張ることができました。
    20170930_072421.jpg

↓ Sガレのそばで撮影した紅葉
    DSC01796.jpg

↓ 夜涸沢ヒュッテ側からの夜景(後日ヒュッテ発表でこの日は約700張りとのこと)
    DSC01807.jpg

【9/30】
↓ モルゲンロードを期待してましたが太陽がある方角に雲がありダメでした。しかしこんな具合で雲が焼けてくれました。
   DSC01810.jpg

撮影後朝食を頂きテント場の様子を伺うと空いているスペースがあります。それもとても条件の良いところが!
   20171001_065101.jpg
(下山前に撮影)
今日は土曜日ということで激込と判断しているので、すかさず平らな良い場所に引越しをしました。0725引越し完了。
   20170930_072548.jpg

まだ雲がありますが本日のメインであるカール内の紅葉を撮影しに出発です。午前中のルートは涸沢小屋→ザイテン取りつき→涸沢ヒュッテの半時計周りです。
↓ おきまりの涸沢小屋のテラスにある看板を入れての穂高連峰
   DSC01816.jpg

↓ いよいよ紅葉が見ごろとなっているエリアでの撮影
   DSC01839.jpg
   DSC01856.jpg
   DSC01874.jpg
   DSC01883.jpg
   DSC01889.jpg
   DSC01905.jpg
   DSC01908.jpg
   DSC01915.jpg

こんな感じで約4時間のんびり写真撮影をしながらテントに戻ってきました。
この日の昼食はスパゲティで1時間くらいで午後の撮影開始です。午前中はテント場から上部なので午後は下部での撮影です。

   DSC01929_20171005213545d94.jpg
   DSC01949.jpg
   DSC01958.jpg
午後は約2時間撮影しテントに戻ってきました。夕食までまだ時間があるので景色を見ながらテント内で横になってのんびりしてました。
暗くなる前に夕食を頂き、夜景撮影に移動しました。
↓ 無洗米をメスティンで炊飯し梅風味のまぜごはん、乾燥おしんこを水で戻したおしんこ、さんまの缶づめでの夕食
   20170930_163303.jpg

昨夜はヒュッテ側からでしたので今度は小屋側からです。(後日ヒュッテ発表ではこの日約1400張りとのことでした)
   DSC01978.jpg

【10/1】
最終日の朝は見事にモルゲンロードになってくれました。
   DSC02004.jpg
4時前に起床し、朝のお勤めや朝食を先に済ませていたので撮影後テントの撤収をして0700頃下山開始となりました。既に下山の列が出来ており、途中上りの人を待ちながらの下山でした。この為横尾までは直接の休憩なしで移動となりました。

朝食が4時台でしたので1030頃 徳沢園のみちくさ食堂にて人気の『手作りカレー』を昼食として頂きました。
   20171001_103228.jpg
さすが評判のカレーですね。運動してきたとはいえ、とても美味しかったです。
ここでソフトクリームの予定でしたが、流石に昼食を頂いたあとなので今回はお預けとなりました。

結局1245頃 上高地バスターミナルに戻ってくることが出来ました。事前に往復割引乗車券を購入してあったのですぐにバス待ちの列に並びましたが1台目はだめでした。しかし1255のバスには乗車でき、混雑前に愛車に戻ってくることができました。

高速を乗る前、入浴してさっぱりしてからの帰路となりました。途中10分ほど通過するのに混雑がありましたが、無事20時過ぎに帰宅することができました。
前夜は場所移動により快適に睡眠できたので、帰路の高速移動は助かりました。

感想としてやはり涸沢の紅葉は満足でした。今回重量を考慮し山用カメラであるAPS-Cサイズのミラーレス一眼を持参しましたが、やはりフルサイズ一眼を持って行きたかったです。でもレンズ1本で約1kgもあるので、三脚もワンランクUPさせないとならないので重量は20kgオーバーしてしまうでしょうね!この点を考えると持参を躊躇してしまいます。

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村