カントリークラブでのキャンピングカーライフと撮影した写真の紹介

キャンピングカーでのOutdoor Lifeを中心としたBlog
2018/01≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  ≫ 2018/03

紅葉の涸沢

2/6に有休を取得して航空自衛隊百里基地に行き撮影をしておりましたが、午後から体調がおかしい?感じがしました。
しかし折角来ているので何とか撮影を終え帰宅につきましたが、時間があるので本来ならば一般道での移動ですが体調が悪いので高速を活用して戻ってきました。
Naviとスマホはブルートゥースで接続しているので、妻に連絡をとり病院に予約を入れてもらいました。16時過ぎに妻から連絡があり現在順番待ちが50人くらいで、予約希望の17時30分は過ぎるとのことでした。
結局順番となったのは18時過ぎ、薬も購入して完了したのは予約後3時間でした。
診察結果は息子からの風邪が移った様でインフルエンザでは無かったのは良かったのですが、1年半ぶりの風邪となり翌日は3時間だけ仕事をして早退し次の日は休みをとる状態となってしまいました。
そんな訳で先週は火曜日~金曜日まで3連休状態となってしまいました。

ということでコブラの画像をと思いましたが、ちょっと気分を変えて秋に出かけてきた『涸沢カール』の紅葉動画をUPしましたのでよかったらご覧ください。

        

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

雲竜渓谷 ビデオ編

先週出かけて着ました雲竜渓谷ですが、動画の編集が終わりましたのでUPいたします。
よろしければご覧ください。

        

                                    にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

雲竜渓谷 氷爆レポ

昨日速報をUPいたしましたがヤマレコに詳細レポをUPいたしましたのでよろしければご覧ください。

                              にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


雲竜渓谷 トレツキング 速報

昨夜21時ごろ出発し滝尾神社の駐車場に到着したのが22時過ぎでした。
雲竜渓谷は初めてなので愛車が方向転換できるスペースがあるのか?解らないので無難なところに駐車することにしました。
7時過ぎに出発し14時過ぎに戻ってきたので約7時間のトレッキングでした。

    20180128_00.jpg

            20180128_map02.jpg

                                 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



    

乗鞍高原スノーシュー

撮影機材を家に忘れて来てしまったので予定を1日繰り上げ乗鞍高原でのスノーシューを楽しみ、『湯けむり館』で入浴して、高速を燃費重視の80km走行で帰宅となりました。

今回のスノーシューのコースは、『第3駐車場』→『善五郎の滝』→『牛留池』→『一ノ瀬自然園』→『善五郎の滝』→『第3駐車場』で廻ってきました。
   20180114_12blog.jpg

『善五郎の滝』を見下ろせる展望台より『乗鞍岳』を入れてのショットです。
                         20180114_01blog.jpg

本日メインとなる『善五郎の滝』
   20180114_06blog.jpg

   20180114_03blog.jpg

『牛留池』と『乗鞍岳』のショット
事前に池の上を歩くことが可能と情報があったのとトレースがあったので私も池の上を歩き対岸へと渡りました。
   20180114_07blog.jpg

『一の瀬園地』を見下ろせる東屋があったのでそこでカップヌードルでの昼食をとり降りてきました。
   20180114_08blog.jpg

帰路のルートで『乗鞍岳』がよく見えたので手間の木が邪魔ですが記念ショット
   20180114_10blog.jpg

朝5時代にパンによる朝食、お昼はカップヌードルでしたので梓川SAで17時をまわったところですが早めの夕食として『山賊焼き定食』を頂きました。
   20180114_11blog.jpg
ここから約4時間かけて無事帰宅となりましたが、14日、15日と良い天気だったのに撮影機材を忘れるという大失態をしてしまい残念でした。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







Fast-BC Pro

昨年からツアースキー用の板を購入しBCを楽しんでおりますが一つ不備なところがございました。

BC用なので歩きと滑走の両方を満足している訳ですが、私の場合まずはお試しを兼ねてブーツはゲレンデスキー用を活用しております。BCの場合歩きやすくする為にかかとが上がりますが私の場合、ビンディングでこの機能を設けております。

↓ 画像は滑走モードの時
   20180110_01.jpg

この場合ゲレンデスキーの様にかかとが上がらずブーツが固定されております。

↓ 画像はロックを外した場合(ウォークモード)
   20180110_02.jpg

ロックを外したのでかかとが上がります。(下記の画像参照)

   20180110_03.jpg

このロックを外すのを手で行っておりましたが、歳をとり身体が硬いので作業をするのが大変です。
いつもお世話になっているICI石井スポーツで相談すると株式会社シナノからBC用のストック『 Fast-BC Pro 』なるストックを紹介される。WEBで検索すると結構なお値段であったので先シーズンは我慢をしていた。

お正月に新春特価での販売が無いか探していると岐阜県にあるスポーツ店の楽天市場店がネット価格の相場より2,000円程度安いのを発見。しかも10,000円以上の場合に使用できる1,000円割引クーポンも発行していたので1/2に即ポチりました。
この商品が本日届いたので早速試してみると↑の画像の様にストックを逆さにして楽にロックを外せる様になりました。
ストックに10,000円以上の出費ですが冬場の屋外で少しでも快適に出来るのでヨシとしましょう。

↓ 全体の様子
                       20180110_04.jpg

↓ この先端部分の形状でロックを解除します。

   20180110_05.jpg

↓ 他の方もコメントされてましたがT型、I型の下に登坂などでストックが長い場合に使用するグリップ部がありますが、この部分はほとんどポールと同じ太さなので細いです。
ここが山のメーカーが作るのか!スキー用品メーカーが作るのか!の違いですね。
山のメーカー製だとこの部分は太くなっているのでにぎり易いです。

   20180110_07.jpg

また真ん中付近でポールの長さを調整できるロック機構がありますが、一番短くしても長さは1m位あります。
山のメーカー製だと半分位の長さになるので残念ですね。

この2点が私的に残念と感じるところです。

                                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村






尾瀬 白い虹

昨日1800に出発しスノーパーク尾瀬戸倉に到着したのが2030頃でした。始発のシャトルバスが0440なので早々に就寝し、鳩待峠→尾瀬ケ原→アヤメ平→鳩待峠と周回してきました。
そんな中今朝は大変珍しい『白い虹』を撮影することができました。

   DSC02049.jpg

とりあえず本日は一報です。

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

さすが紅葉の涸沢カール

紅葉涸沢カールは日本一といわれる位、紅葉がきれいな場所という認識がありましたが今まで一度も行ったことがありませんでした。
今年の夏は夏らしくなかったので紅葉は今ひとつのシーズンかなぁ?と思ってました。それでも他のところに比べたら涸沢は良いのではと思い初めて出かけることにしました。
当初の予定は9/27 新宿発→上高地への『さわやか信州号』のバスで9/28 上山、9/30 下山の計画でした。しかし9/28は天気予報が良くないのでバスはキャンセルし9/28 愛車で移動し9/29 上山、10/1下山と金曜日、月曜日を有休取得し4連休としました。

【9/29】
沢渡バスターミナルの始発バスは0540なので30分前に行きましたが、さすが紅葉シーズン既にキップ購入の列が出来てました。結局始発から3番目のバスに乗車し上高地バスターミナルを出発したのは0650頃、横尾まではCT同等の約3時間20分で到着することができました。ここで15分位休憩し1030頃再出発です。本谷橋まで約50分、ここで約20分休憩し涸沢ヒュッテに到着したのは1350でした。CT6時間に対し、総重量約18kgでプラス1時間で到着できたのはよかったです。
でもさすが涸沢、既にテント場はいっぱいのテントが張られておりました。とりあえず下記の場所にテントを張ることができました。
    20170930_072421.jpg

↓ Sガレのそばで撮影した紅葉
    DSC01796.jpg

↓ 夜涸沢ヒュッテ側からの夜景(後日ヒュッテ発表でこの日は約700張りとのこと)
    DSC01807.jpg

【9/30】
↓ モルゲンロードを期待してましたが太陽がある方角に雲がありダメでした。しかしこんな具合で雲が焼けてくれました。
   DSC01810.jpg

撮影後朝食を頂きテント場の様子を伺うと空いているスペースがあります。それもとても条件の良いところが!
   20171001_065101.jpg
(下山前に撮影)
今日は土曜日ということで激込と判断しているので、すかさず平らな良い場所に引越しをしました。0725引越し完了。
   20170930_072548.jpg

まだ雲がありますが本日のメインであるカール内の紅葉を撮影しに出発です。午前中のルートは涸沢小屋→ザイテン取りつき→涸沢ヒュッテの半時計周りです。
↓ おきまりの涸沢小屋のテラスにある看板を入れての穂高連峰
   DSC01816.jpg

↓ いよいよ紅葉が見ごろとなっているエリアでの撮影
   DSC01839.jpg
   DSC01856.jpg
   DSC01874.jpg
   DSC01883.jpg
   DSC01889.jpg
   DSC01905.jpg
   DSC01908.jpg
   DSC01915.jpg

こんな感じで約4時間のんびり写真撮影をしながらテントに戻ってきました。
この日の昼食はスパゲティで1時間くらいで午後の撮影開始です。午前中はテント場から上部なので午後は下部での撮影です。

   DSC01929_20171005213545d94.jpg
   DSC01949.jpg
   DSC01958.jpg
午後は約2時間撮影しテントに戻ってきました。夕食までまだ時間があるので景色を見ながらテント内で横になってのんびりしてました。
暗くなる前に夕食を頂き、夜景撮影に移動しました。
↓ 無洗米をメスティンで炊飯し梅風味のまぜごはん、乾燥おしんこを水で戻したおしんこ、さんまの缶づめでの夕食
   20170930_163303.jpg

昨夜はヒュッテ側からでしたので今度は小屋側からです。(後日ヒュッテ発表ではこの日約1400張りとのことでした)
   DSC01978.jpg

【10/1】
最終日の朝は見事にモルゲンロードになってくれました。
   DSC02004.jpg
4時前に起床し、朝のお勤めや朝食を先に済ませていたので撮影後テントの撤収をして0700頃下山開始となりました。既に下山の列が出来ており、途中上りの人を待ちながらの下山でした。この為横尾までは直接の休憩なしで移動となりました。

朝食が4時台でしたので1030頃 徳沢園のみちくさ食堂にて人気の『手作りカレー』を昼食として頂きました。
   20171001_103228.jpg
さすが評判のカレーですね。運動してきたとはいえ、とても美味しかったです。
ここでソフトクリームの予定でしたが、流石に昼食を頂いたあとなので今回はお預けとなりました。

結局1245頃 上高地バスターミナルに戻ってくることが出来ました。事前に往復割引乗車券を購入してあったのですぐにバス待ちの列に並びましたが1台目はだめでした。しかし1255のバスには乗車でき、混雑前に愛車に戻ってくることができました。

高速を乗る前、入浴してさっぱりしてからの帰路となりました。途中10分ほど通過するのに混雑がありましたが、無事20時過ぎに帰宅することができました。
前夜は場所移動により快適に睡眠できたので、帰路の高速移動は助かりました。

感想としてやはり涸沢の紅葉は満足でした。今回重量を考慮し山用カメラであるAPS-Cサイズのミラーレス一眼を持参しましたが、やはりフルサイズ一眼を持って行きたかったです。でもレンズ1本で約1kgもあるので、三脚もワンランクUPさせないとならないので重量は20kgオーバーしてしまうでしょうね!この点を考えると持参を躊躇してしまいます。

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


















涸沢カールより無事帰宅

9/29~10/1で涸沢カールに2泊テント泊し秋の紅葉を撮影してきました。
とりあえず1枚UPしておきます。

    DSC01915.jpg

                                   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

北アルプス

本日と月曜日に有休を取得し北アルプスに登山です。

昨夜1920頃出発し車中泊場所に到着したのが2245頃、ここで仮眠し0410頃最寄りな場所に到着しました。コンビニなおにぎりで朝食をとり準備中です。

今のところ週末は天気が良い予報なので楽しみです。